遊休不動産活用について

遊休不動産の使い道

日光市空き家バンクの主担当として、地元の不動産業者さまや地元の住民のお力を借りながら日光市の空き家活用に向けて動いています。日光では空き家利用の認知が進んできましたが、人口減少や人口流出に伴い空き家の数が他地域同様に増加していくと予想されています。

しかし、実際に人口流出が起きている日光ですが、日光の魅了に惹かれて移住を検討される方がいたり、活発な市民の皆さまや市民団体が場の活用を希望したり、小商いを希望する方なども多く存在している町でもあります。

そのような背景の中で、市内にある遊休不動産は活用できるのか?という素朴な疑問から、全国での遊休不動産活用の事例収集や実際に遊休不動産を活用してみようとの目的を持った勉強会『イカリング』を行っています。

遊休不動産の勉強会「イカリング」とは

日光市のとある地域にて、空き家活用を検討するミッションに携わらせていただいています。その地域名と日光にある小さな地域たちがつながりを持てる(輪になる)意味を込めてイカリングという名称を空き家勉強会の総称として名付けています。